企業のなかでLinuxがさらに普及するために課題はありますか。

リーナス・トーバルズ氏
(写真:加藤 康)

 Linuxに限らずオープンソース・ソフトウエア全般について言える大きな課題が一つあります。商用のマーケットでハードウエアや業務アプリケーションのメーカーが提供しているサポートと同等のものを、Linuxに関して提供できるかどうかです。

 私は開発者であり、しかもLinuxカーネルに集中していますから、その立場からしかお話しできません。我々は企業にLinuxを提供している大手ベンダーやディストリビュータなど多くの企業から、Linuxカーネルに関して情報のフィードバックをきちんと受けています。というのも、Linuxカーネルの開発に参画している技術者の多くが、大手ベンダーと一緒に仕事をしているからです。

 かつて、Linuxは安っぽいソリューションであり、企業のデータベース・サーバーにLinuxを採用するには勇気がいる、と思われていた時期がありました。それははるか昔のことです。

 企業にとってはサポートに加え、技術の継続性が重要です。もし、あなたが第一線を突然退いたりしたらLinuxはどうなるのでしょうか。

 バスに私がはねられたら何が起きるのか、という質問ですね(笑)。

 いえ、我々の質問ではなくて、読者から来た質問です。

 よく聞かれる質問です。もし私がバスにはねられたりでもしたら、しばらくは混乱するかもしれませんが、半年もたてば落ち着き、引き続きLinuxは開発されていくと自信を持って言えます。

 というのも、私は大勢のLinuxカーネル技術者に支持されているからです。こうした技術者たちの貢献を実際に見ていただければ、一人の人間に依存しているわけではないことがわかるでしょう。10人のチームというわけでもありません。実に多くの人たちがカーネルを維持するために協力しながら働いています。

リナックス・ファウンデーション フェロー
Linus Torvalds(リーナス・トーバルズ)氏
1969年12月生まれの39歳。ヘルシンキ大学コンピュータサイエンス学部の大学院生だった1991年秋、UNIX互換OS「Linux(リナックス)」の開発を始める。ソースコードをインターネットで配布し、共同開発するボランティアチームを組織、1994年春にLinux V1.0を世に送った。米トランスメタに勤務しながらLinuxカーネルの開発や保守を手掛けてきたが、2003年から、Linuxの普及を目的とする NPO(非営利団体、現The Linux Foundation)に移籍して開発を続けている。
出典:2009年11月11日号 pp.52-54 日経コンピュータ
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。