人は,何らかの被害が予想される状況でも「自分は大丈夫」と思ってしまいがちだ。防災研究家で群馬大学工学部教授の片田敏孝氏は,人のこのような心のあり方を「正常化の偏見(normalcy bias)」と呼ぶ。人々を守るべき「防災専門家」や「セキュリティ専門家」は,正常化の偏見にどう向き合うべきだろうか。

 片田氏は「自分にとって都合の悪い情報を無視したり,過小評価したりしてしまう人の特性」のことを言う「正常化の偏見」を,「極めて人間らしい特性」と指摘する。不安をある程度無視しなければ,人間は生きていけないからだ。

 しかし,リスクを完全に無視していいわけではない。片田氏は「日本人は,リスクとコミュニケーションしているのだろうか」と問いかける。4月25日の「RSA Conference 2007」(東京)でも「人はなぜ危機に備えないのか」という講演を行う片田氏へのインタビューの後編である(前編:人はなぜ「自分は大丈夫」と思うのか,防災研究家の片田群馬大学教授に聞く(前編))(聞き手は中田 敦=ITpro)。



人には「自分は大丈夫」と考える「正常化の偏見」があるというのが片田先生の主張ですが,この偏見を克服するためには,どう対処したらいいのでしょうか?

 
  片田敏孝氏
 私は「正常化の偏見」が悪いことだとは思っていません。人間は,リスク情報をまっとうには理解できません。それは,人間の心がうまくできているからです。人間,考えれば心配事だらけです。極論すれば,町を歩いていて隕石に当たって死ぬことだってあるわけです。

 つまり,あれもこれも心配していたら生きていけないわけです。だから,良い情報はポジティブに評価し,悪い情報を無視する。そういった情報処理に関する非対称性,つまり「正常化の偏見」は,とても人間らしいものだと思っていますし,人間とはそういうものだと認めるべきだと思っています。

 しかし,「もし何も備えなかったときに,何が起こるのか」「逃げないことで,何が起こるのか」だけは,正しく理解してもらわなければなりません。

「警報の空振り」を「良かった」と思えるように

 津波防災は今,「警報の空振り問題」に直面しています。北海道では,2006年11月15日と2007年1月13日に,大きな地震が起こりました。2006年11月15日に地震が起こって津波警報が出た際は,北海道における住民の避難率は13.2%と低調でした。しかし,2007年1月13日に再び地震が発生して津波警報が出た際には,避難率は6.6%とさらに低下してしまいました。

 この帰結が,何をもたらすのでしょうか。きっと今後も何回も「逃げなくて良かった」と思う「警報の空振り」が発生し続けるでしょう。しかしいつか最後には,本当に津波が来て「逃げておけば良かった」と思う日が来ます。今日警報が外れて住民が「逃げなくて良かった」と思うことは,将来被害に遭うことに直結しているのです。

 だから,警報が外れる可能性があったとしても,われわれにできることは逃げることしかないのです。もし警報が空振りになったとしても「予報が外れて良かった」と思うしかない。そう思い続けることで,いつか津波が来ても「逃げて良かった」と思える日が来る。これが津波防災なのです。

 そのためには,警報の空振りがあったときに「逃げなくて良かった」と思ってしまう自分を知って,その心に向き合うことが欠かせません。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら