人は,何らかの被害が予想される状況でも「自分は大丈夫」と思ってしまいがちだ。一般ユーザーの「セキュリティ対策をしなくても,自分は大丈夫」と思う意識に,悩んでいるセキュリティ専門家は多いだろう。防災研究家で群馬大学工学部教授の片田敏孝氏は,人のこのような心のあり方を「正常化の偏見(normalcy bias)」と呼ぶ。

 「正常化の偏見」とは,「自分にとって都合の悪い情報を無視したり,過小評価したりしてしまう人の特性」のことを言う。片田教授によれば,津波の危険地域に住んでいても,しばらく津波がなかったり,「津波警報」が出ても実際に津波が来なかったりすると,人は次に津波警報が出ても「自分は大丈夫」「今回は大丈夫」と思って,避難しなくなってしまうという。

 それでも片田教授は,津波や土砂災害,地震などの危険地域に住む人々に「警報が出たら逃げる」という意識を持ってもらう取り組みを進めている。片田教授は「専門家が『専門家の理屈』を振りかざして一般の人を説得しようとしても無理」と指摘する。人はなぜ「自分は大丈夫」と思うのか。また「自分は大丈夫」と思っている人をどう説得すればいいのだろうか。4月25日の「RSA Conference 2007」(東京)でも「人はなぜ危機に備えないのか」という講演を行う片田教授に話を聞いた(聞き手は中田 敦=ITpro)。



片田さんの研究対象である「災害に際して人はなぜ逃げないのか」「人はなぜ『自分は大丈夫』と思うのか」という問題は,セキュリティ専門家にとっても重要な悩みです。まずは,片田さんがなぜこのような研究を始めたのかを,教えていただけますか?

 
  片田敏孝氏
 私の元々の専門は「土木」で,堤防などの「ハード」で災害にどう対応するのかを研究していました。しかし,どれだけハードの対策を講じても,毎年のように災害が発生して,多くの方が亡くなっています。今の防災で一番大きな問題になっているのが,人々が「避難しない」という現実です。

 防災の専門家にとっての究極の目的は,犠牲者を減らすことです。そのためには,ハードの対策だけでなく,「避難」の問題も考える必要があります。そう思って「住民の災害対応」という研究を始めるようになりました。

 「なぜ人は災害に備えないのか」「なぜ人は避難しないのか」--。この研究の対象は,人そのものになります。危機に接した際の人の行動メカニズムや,人がリスク情報を理解する仕組みを解き明かすという,心理学の要素が非常に強い研究分野だと気付きました。

 心理学にも「災害心理学」という分野はあるのですが,これは「災害に接した人の心の特殊性」を議論する研究であり,防災に直結した「問題解決指向型」の研究ではありませんでした。つまり「どうしたら人は逃げるのか」「どうやったら人を犠牲者にしないで済むのか」ということを研究していた訳ではなかったのです。

 私としては,やはり「ソリューション」を提供したい。人に逃げてもらうよう説得をするには,客観的なデータが必要です。そこで,災害の現場に行って,人がなぜ被害を被ったのか,なぜ逃げなかったのかを調査するようになりました。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら