不正取引の証拠を社内文書から見つける、不鮮明な画像から車のナンバーを割り出す――。

 機械学習によって、「不可能」が「可能」になった。

 常識破りとも言える、機械学習の実例を示そう。

 「機械学習」の適用例は、大きく「パターン認識」「分類」「異常検知」「未来予測」に分けられる(図5)。それぞれについて、具体例を見ていく。

図5●機械学習の応用例
状況認識や異常検知など幅広い領域での活用に期待
[画像のクリックで拡大表示]

人間に匹敵する知覚を実現
-パターン認識・分類-

 神戸市営地下鉄「西神中央駅」の駅ビルにあるベーカリー「神戸ベル 西新中央店」の店内には、焼きたてパンが160種類ほど並ぶ。この店には、画像認識によって焼きたてパンの種類を判断できるレジ装置「BakeryScan」(写真1)がある。

写真1●ベーカリー「神戸ベル 西神中央店」の会計レジ
パンの種類を画像認識によって自動判定
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら