エンタープライズアジャイルは、単なるアジャイル開発と従来手法との組み合わせではない。従来のように詳細過ぎる計画やドキュメントを作成すると、効果を発揮できない。エンタープライズアジャイルで「良いところ取り」を効果的に進める五つの勘所を、事例を基に見ていこう。

 エンタープライズアジャイルでは、アジャイル開発と従来のウォーターフォール型開発をどのように組み合わせて進めるのか。まずこの点を、代表的なエンタープライズアジャイル手法の一つであるDADを例に採って説明しよう。

 DADでは、システムの開発を大きく(1)計画・要件定義、概要設計、(2)開発、(3)運用準備、という流れで進める(図3)。これだけを見ると、従来型の開発と変わらない。

ウォーターフォールとアジャイルを組み合わせる
図3 エンタープライズアジャイルの五つの勘所
[画像のクリックで拡大表示]

 (2)の開発はアジャイル開発の流儀で進める。DADでは、一般的なアジャイル開発手法である「スクラム」を採用している。1週間から1カ月程度の短い期間で、実装やテスト、リリース(システムの提供)を繰り返す反復型のスタイルで開発を進める。

 DADではこの(2)に、従来型開発の工程である(1)と(3)を追加している。(1)はプロジェクト計画や要件定義、アーキテクチャー設計をはじめとする概要設計など。(3)は移行計画や運用設計などである。

 エンタープライズアジャイルを実践する際には、こうした各工程での作業やドキュメントの作成を、どの程度のさじ加減で進めるかが大きなポイントとなる。詳細にし過ぎるとアジャイルの良さが失われてしまい、単純化し過ぎると企業システムの開発に耐えられなくなる。

 さらに開発を依頼するパートナーとの契約形態や、エンタープライズアジャイルを社内に定着させていくための施策もカギとなる。

 エンタープライズアジャイルの導入を成功させるための五つの勘所を、事例を基に紹介しよう。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら