かねて噂されている米Appleの腕時計型ウエアラブル端末「iWatch」に関する報道がここのところ盛んになっている。米Wall Street Journalは6月下旬、iWatchについて新たに四つの情報が明らかになったと伝えた。

 次のようなものだ。

(1)10個以上のセンサーを搭載し、ユーザーの健康・フィットネスのデータを計測する
(2)ユーザーの好みに合わせ、サイズの異なる複数の端末が用意される
(3)台湾Quanta Computer(広達電脳)が2~3カ月後に量産を開始
(4)発売は今年秋

 このWall Street Journalの報道に先立つ6月中旬、複数の海外メディアが英Reutersの報道を引用し、iWatchは7月にも量産が始まる見込みだと伝えた。こちらの報道でも生産を請け負うのは、台湾のQuanta Computerだ。

 ReutersによるとiWatchは、ディスプレーの大きさが現行の「iPod nano」と同じ対角2.5インチ(6.35cm)になり、これまで伝えられていた1.3~1.5インチよりも大きい。画面は長方形に近い形で、盤面はバンド部分から若干張り出すアーチ型。タッチインタフェースや、脈拍を測定するセンサーを備え、ワイヤレス充電も可能だという。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら