企業組織のゴール(目標)と戦略を組織構造に沿って、ツリー構造に展開して見える化するGQM+Strategiesは、特定の企業・組織、業務領域に限定することなく広く適用可能な手法である。中長期の経営計画、ITシステム投資計画の策定などで活用できるのはもちろん、人事管理で用いるMBO(Management by Objectives:目標管理)などにも活用できる。

 またゴールから導き出された戦略を実施する段階では、その効果を測定する指標を作るテンプレートも提供されているので、測定結果を踏まえて、ゴールを修正し、戦略を立て直すといった、PDCA(計画・実行・検証・見直し)サイクルも構築できる。これもGQM+Strategiesの強みだ。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら