ニュースキュレーションアプリ、ニュースまとめアプリの動向をキーパーソンに聞く本連載の第6回目。アプリ「LINE NEWS」を提供しているLINEに話を聞いた。コンテンツ分野を担当する島村武志上級執行役員コマース・メディア担当は、LINE NEWSのライバルは、ゲームなどLINE内の他のサービスだと言う。「スマートフォン上のサービス同士の勝負とは、時間の奪い合い。いかにニュースに興味を持ってもらえるか。それを考えて設計している」(島村上級執行役員)。

 4月からは無料通話アプリであるLINE上でニュースのダイジェスト版の配信を受けられるサービス「LINE NEWS DIGEST」も開始した。島村上級執行役員は「アプリのユーザー層は、そもそもニュースに触れるのに積極的な人々。そうではない人にもニュースに触れてもらい、新しい発見をしてほしい」とその狙いを語る。

(聞き手は中村 建助=ITpro編集長、高下 義弘=ITproライター)


島村武志上級執行役員コマース・メディア担当
[画像のクリックで拡大表示]

アプリの「LINE NEWS」に加えて、4月からは「LINE NEWS DIGEST」も始めました。通話アプリのLINE上で主要なニュースの見出し一覧を受け取れるというサービスです。狙いは。

 LINE NEWSのアプリをインストールするユーザーは、ニュースを能動的に読もうという気持ちを持っている方々です。だからアプリをインストールして使っている。

 しかし、ニュースに対してもっと受動的な姿勢の人もいるはず。このような人には、アプリを用意したとしても、ニュースが読まれていないわけです。受動的な人にもニュースに触れてほしい。このような意図から始めたのが、LINE NEWS DIGESTです。

 LINE NEWS DIGESTは、LINEアプリをインストールしている人なら誰でも利用できます。LINEのトーク画面に、基本は1日に3回、LINE NEWS編集部によるダイジェスト版が送られてきます。

 LINE NEWS DIGESTだけでも、その日のニュースがざっと把握できるようになっています。

キュレ―ションの発端はNAVERまとめ

LINEというサービス全体でニュースというコンテンツにこだわっている理由は。

 私はもともと「NAVERまとめ」というネットサービスを企画していました。ネット上で「キュレーション」という言葉が使われ始めた発端となったのは、NAVERまとめだったと自負しています。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら