ニュースキュレーションアプリ、ニュースまとめアプリの動向をキーパーソンに聞く本連載の第5回目。ネットニュースサイトの老舗、ヤフーに話を聞いた。中核となるのは「Yahoo!ニュース」アプリと、ビジネス分野に特化した「Yahoo!ニュース BUSINESS」アプリである。

 ヤフーのニュース配信に対する考え方と、スマホ時代をにらんだアプリの展開策について、同社の河野清宣メディアサービスカンパニーニュース本部クリエイティブ・ディレクター、内田成男メディアサービスカンパニーニュース本部セグメントニュース部部長に聞いた。

(聞き手は中村 建助=ITpro編集長、高下 義弘=ITproライター)


ヤフーの河野清宣メディアサービスカンパニーニュース本部クリエイティブ・ディレクター
[画像のクリックで拡大表示]

Yahoo!ニュースは長く、日本を代表するWebコンテンツの一つとして大きな位置を占めてきました。

河野 当社は、Yahoo!のサービス全体で「日本の国民的インフラとして提供し続ける」というコンセプトを掲げています。Yahoo!ニュースは中核となるサービスの一つです。特に、速報性や公共性を意識したニュース配信サービスを続けてきました。

 スマホアプリの「Yahoo!ニュース」にも当然このコンセプトを反映しており、「国民的情報アプリ」としての普及を目指しています。

 Yahoo!ニュースがこだわってきた点の一つが、24時間365日、編集スタッフがシフト勤務で社会の動きを見て、重要なニュースを抽出し配信していることです。確かな情報を始まりから最後まで一貫して届けるようにするには、今のところコンピュータだけでは難しく、人の目と手を組み合わせることが必要です。


必要な情報をしっかり伝える

 Yahoo!ニュースアプリの特性を生かした機能や仕様の一つが、プッシュ機能を使ったリアルタイム通知です。特に天候の変化や災害情報など、人命に関わるような重大ニュースを中心に、アプリのプッシュ機能を使って素早く通知しています。これでユーザーは最新の情報も逃さずチェックできます。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら