デバイスの大きなトレンドがPCからスマートフォン、タブレットへと動いていく中、PC業界最大級のイベントである「COMPUTEX TAIPEI 2014」が台湾・台北で開催された(写真1)。インテルやマイクロソフト、ASUSやAcerといった主要各社の展示から、タブレット時代における新たな戦略が見えてきた。

写真1●COMPUTEX TAIPEI 2014会場の1つである台北の南港展覧館
[画像のクリックで拡大表示]

 特集第1回となる今回は、2014年6月のCOMPUTEX TAIPEI 2014における主要な展示から、デバイスの最新トレンドを読み取ってみた。

COMPUTEX会場にSurface Pro 3が並ばない理由

 COMPUTEX開催直前のPC業界の話題といえば、マイクロソフトが5月に発表したSurface Pro 3が挙げられる。日本では6月2日に発表会が開かれたが、COMPUTEXでのASUSのプレスカンファレンスと重なったため、台北入りしていた筆者を含む報道関係者は、取材できなかった。

 一方、COMPUTEXでマイクロソフトは例年通り「Microsoft Forum」で基調講演を開催したが、台湾法人によるブース出展を含め、Surface Pro 3の露出は非常に限定的なものとなっていた。基調講演に登壇した、米マイクロソフトのOEM部門を統括するニック・パーカー氏もSurface Pro 3の存在には言及していない(写真2写真3)。

写真2●COMPUTEX Microsoft Forumの基調講演に登壇した米マイクロソフトのニック・パーカー氏
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●基調講演においてもSurface Pro 3は披露されなかった
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら