ITとは最も遠い産業だと思われている農業。今、農業のIT化が急速に進みつつある。

「野菜工場」の例
[画像のクリックで拡大表示]

 農業のIT化と聞いて真っ先に思い浮かべるのは、おそらく写真のような野菜工場だろう。もちろんこれは様々なデータに基づいた高度な制御によって、効率的に安全な野菜を収穫する農業のIT化の事例の一つだ。

 一方で、センサーネットワークやクラウド、モバイルデバイスの普及を背景に、実際の農業の現場を変えようとする動きもある。例えば富士通やNECは2012年から農業クラウドの提供を開始。例えば富士通の「FUJITSU Intelligent Society Solution 食・農クラウド Akisai」は現場での作業実績や生育情報などのデータをスマートフォンで収集。農業経営を支援する。さらに栽培歴の最適化、農産加工品販売の管理機能などサービスの拡充を進めている。

 最近は各地域の農業法人が企業と組んで農業のIT化を進める動きもみられる。例えば愛媛県の「坂の上のクラウドコンソーシアム」では、地元の農園とIT企業が協力。地域特性を考慮した72時間先までの「農業用気象予報システム」の開発と、それを利用した新たな営農管理を検討している。このプロジェクトにはNTTデータグループのハレックスも協力。農業の現場発のIT化がこれから進んでいきそうだ。