コーチ・ユナイテッドの有安伸宏代表(写真=室川イサオ)
コーチ・ユナイテッドの有安伸宏代表(写真=室川イサオ)


 「ユーザーの価値を考えずにシステム構築に着手した結果、全く使われない機能を実装してしまった」。個人レッスンの先生を探す「Cyta.jp(咲いたジェイピー)」を運営するコーチ・ユナイテッドの有安伸宏代表(写真)は2014年6月18日、都内で開かれた「FailCon Japan」でこう話した。

 コーチ・ユナイテッドのCyta.jpは、楽器や語学などの先生を探すためのサービス。ユーザーはサイト上で先生を探して予約したり、代金を支払ったりできる。現在、200種類の講座が全国5000会場以上で開かれている。「モノのEC(電子商取引)は米アマゾン・ドット・コムや楽天など強いプレイヤーがいるが、サービスのECを目指している。サービスのECは競合が少ないブルーオーシャンだと考えている」(有安氏)。

 有安氏の話す失敗談は仮説検証を怠ったことである。起業時の成功例と対比して説明した。

 日用品大手のユニリーバ・ジャパンでマーケティングを担当していた有安氏が、コーチ・ユナイテッドを起業したのは、梅田望夫氏の著書『ウェブ進化論』を読んだことがきっかけだった。その中で出てきた、販売数の少ない商品であっても、数多くそろえると全体の売り上げに貢献するという「ロングテール」という概念に目が止まった。そこで、有安氏は「知識や経験もロングテールだ」と気付いたという。

 例えば、英会話教室やピアノ教室は世にたくさんある。しかし、話す人が少ない語学や演奏する人が少ない楽器は、どうやって学習すればよいのだろうか。そうしたロングテール分野のレッスンを集めればビジネスになるのではないか。このように考えた。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら