第3回でGQM+Strategiesの意義と、それを使うメリットについて説明した。しかしゴール(目標)を明確にし、それを実現するための戦略を立案しても、それが実行されなければ絵に描いた餅にとどまる。

 市販されている多くの戦略立案支援ツールは、プランニングする際の筋道を明らかにする手法にはたけている。ただし、ゴールを目指して実行する戦略を、企業の組織レベルにまで落としこむことは難しい。

 これに対して、GQM+Strategiesは企業の組織構造に合わせて、それぞれの組織の目標と戦略を定義していく。各組織がすぐにプランを実行することができるという点で、非常に有効だ。

 さらに、GQM+Strategiesには、これまでの戦略立案支援ツールにはない仕組みがそろっている。その仕組みとは、「戦略を実行した結果、うまくいっているかどうかを測定する」というものだ。これにより、企業全体で複数設定した戦略のうち、「どれがうまくいっているのか」「うまくいっていないのはどれか」が分かるだけでなく、「ゴール(目標)自体が誤っていた」といったこともつかめる。

 そこで今回は、戦略の効果を測定する仕組みについて説明する。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら