山岸は、包装と物流に関わる資材の製造・販売を主力事業とする小田原市の企業である。1950年に包装木箱の製造業として創業した同社は、「箱」では包装事業として包装容器・材料および包装機械など包装全般を、「木」では物流機材の事業として輸出梱包・パレット・物流機材・機械器具設置工事業および利用運送事業を展開してきた(写真1、2、3)。

写真1●本社・小田原営業所
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●木製パレット組立工場(山北工場)
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●包装容器・資材(商品センター)
[画像のクリックで拡大表示]

 貨物輸送業界が「物流」から「ロジスティックス」へと変遷する中、同社も会社の役割を物流資材のサプライヤーから、3PL(サード・パーティー・ロジスティクス)機能を持つ包装・物流・保管のトータルサプライヤー・総合商社への転換を目指している。

 既に、2001年には品質マネジメントシステムの「ISO 9001」および環境マネジメントシステムの「エコステージII」の各認証を3事業所(小田原営業所・商品センター・山北工場)が取得。全従業員が安全運転者を証明する「SDカード」を取得するとともに、利用運送事業においてもGPS(全地球測位システム)を用いた安全運行管理の徹底を推進している。

 さらに2007年には、神奈川県子ども・子育て支援推進条例第15条に基づいた「かながわ子育て応援団」の認証取得に早い段階で取り組み、7番目に認証を取得するなど、社会的責任に対する取り組みを積極的に行ってきた。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら