人間の身体や疾患に関わるさまざまな情報を収集し、その膨大なデータを個別化医療の実現などにつなげる“医療ビッグデータ”。この分野にとりわけ大きな期待を寄せるのが、ストレージ業界である。

 業界大手の米EMC社は、医療ビッグデータの可能性をどう見ているのか――。EMC Isilon Storage Divisionでライフサイエンス分野のCTOを務めるSanjay Joshi氏(EMC Isilon Storage Division, Life Sciences, CTO)に聞いた。EMC Isilonは、スケールアウトNAS(network attached storage)大手の米Isilon Systems社をEMC社が2011年に買収して誕生した事業部。Joshi氏は分子バイオテクノロジーの博士号を持ち、ドイツSiemens社でX線診断装置の開発に携わった経歴などを持つ。

(聞き手は大下 淳一=日経デジタルヘルス)

EMC社において、医療分野のビジネスはどの程度の規模に育っているのですか。

emc
Sanjay Joshi氏(写真:加藤 康、以下同)

 EMC本体(EMC Isilonを除く)のヘルスケア分野の事業規模は既に10億米ドルを超えました。EMC Isilonもライフサイエンス分野で250社以上の顧客を獲得しており、同分野で合計約300P(ペタ=1015)バイト分のストレージを提供しています。

 EMC Isilonにおいて、ライフサイエンス分野とヘルスケア分野を合わせた事業規模は、メディアエンタテインメント分野と同等にまで成長しています。最大の事業セグメントになる日も近いでしょう。そもそもEMC Isilonの最初の顧客は、地元シアトルのがん治療の研究機関でした。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら