閉じる

ITpro NOW

ITpro

目次

  • データが増えれば“何屋”がもうかる?

     世はビッグデータ花盛り、誰もがビッグデータビジネスに一枚噛もうと躍起だ。データ増の加速が予想されるなか、そこでもうけるITベンダーは誰だろう。ストレージやデータベースなどデータの蓄積・分析に関わるベンダーは当然。ひところに比べると影が薄いものの、データサイエンティストなどもその一人である。

  • 企業のマイナンバー対応に警鐘

     本日公開のNews&Trend「マイナンバー対応は7割の企業が「始めていない」、乏しい認識、広がる危機感」では、企業に向けて警鐘を鳴らしている。

  • 「オートラン」の悪夢を思い出した

     PCにUSBメモリーを接続するだけで被害に遭う――。2014年7月に公表された「BadUSB」が話題になっている。BadUSBで思い出されるのが、「Conficker(コンフィッカー)」に代表される、Windowsのオートラン機能を悪用したウイルス(マルウエア)の数々だ。

  • 「10年で消える仕事」をITproの記事から占う

     2日ほど前からネットでは、「あと10年で『消える職業』『なくなる仕事』」が話題になっている。検索すれば、「現代ビジネス」の記事などがヒットするはずだ。「消える職業」「なくなる仕事」の背景にあるのが技術の進歩、そしてそれに伴う社会の変化だ。

  • Googleとアドビが15年かけて共同開発!そのフォントを使ってみよう

     普段は水か空気のように使っているフォント。数多くの書体が用意され、もう当たり前の存在だ。だがフォントの開発はとても大変。デザインの問題はもちろんだが、コードの割り当てなど、あらゆる要素がからんでくる。特に漢字フォントの開発は文字の数も多く時間がかかる。

  • 高すぎる保守費用にNo! ERP第三者保守サービスは業界を巻き込む流れになるか

     ITproで、「[リミニ利用者が明かす本音1]ERP向け第三者保守サービス活用の留意点」との記事が公開された。ERPの保守を、ERPベンダーではなく別の企業に任せる、という話である。

  • Apple Payは米国に定着するか。日本上陸はいつ?

     米国版“おさいふケータイ”であるApple Payが、話題を呼んでいる。実は米国では、既に利用可能になっている。ITproでコラムを連載しているシリコンバレー在住の宮本和明氏が、使い勝手についてレポートしている。

  • 横浜銀-東日本銀 経営統合で注目されるシステム統合の行方

     日本経済新聞は2014年11月4日、地方銀行大手の横浜銀行と第二地銀の東日本銀行が経営統合すると一面で報じた。経営統合が正式に決まった場合、注目されるのは勘定系を中心とする両行の基幹システム統合の行方である。

  • スマホ市場シェアに変化の兆し、サムスンが大幅減

     米IDCが2014年第3四半期のスマートフォン市場調査結果を発表した。それによると、シェアトップが韓国サムスン電子、第2位が米アップルというのは変わらないものの、第3位に中国シャオミ(Xiaomi)が躍進している。

  • IBMとTwitterの連携でWatsonが果たす役割

     米IBMは2014年10月29日(米国時間)、米ツイッターとビジネス向けビッグデータ解析で提携すると発表した。Twitter上のつぶやきを分析し、活用する業務アプリケーションを、銀行や消費財などの各業界に向けて開発するという。

  • “雲の上”のデータ分析もAWSが先行

     大手ベンダーが相次いで、データ分析向けのクラウドサービスを投入した。米IBMは2014年10月27日(米国時間)に、インメモリーのカラム型データウエアハウス(DWH)の「dashDB」を発表。それに先立つ10月14日には、米セールスフォース・ドットコムがデータ分析プラットフォーム「WAVE」「An…

  • アプリ回遊を狙ったKDDIのSyn.構想

     本日公開している「第111回 KDDIらが打ち出した「Syn.」構想、“中心のないポータル”の成否を分ける鍵」を興味深く読んだ。スマホアプリに関するKDDIの戦略を分析している。この記事によると、パスコンとスマホではサービス(アプリ)の使い方が大きく違うという。

  • 結局終了した「Twitpic」

     Twitter向けの画像共有サービス「Twitpic」がついに終了した。同サービスは、Twitter自身が画像投稿機能を実装する以前から提供されているので、国内でも同サービスのユーザーは多いだろう。

  • ドコモの光回線セット販売にくぎを刺す各社

     KDDIやソフトバンクグループなど通信事業者やCATV事業者各社が総務省にNTT東西による光回線の「サービス卸」の料金公表を求めて要望書を提出した。平たく言えば、NTTドコモが将来、スマートフォンと光回線をセット販売することに対して、NTTドコモだけが有利にならないように今からくぎを刺しておく、と…

  • 「CMOとCIOの距離は遠い」

     米セールスフォース・ドットコムがデータ分析の領域に本腰を入れる。クラウド大手の同社が力を入れるなど、データ分析を実現するためのツールやサービスは確実に充実していく。

  • 上半期だけで被害額18億円超、対策急務の不正送金

     企業のセキュリティ対策の隙を突かれて起こった大規模な情報漏洩や、Webサイトへの攻撃が毎日のように話題になっている。様々な形態の被害があるのは知っていたが、その一つ「不正送金」の実態を知って驚いた。被害額が急増しているのだ。

  • デジタルでも感じられる15世紀の書物の手触り

     バチカン図書館がNTTデータと共同で進めているデジタルアーカイブ事業の成果が公表され始めた。ボッティチェリの挿し絵が入ったダンテの「神曲」やルネッサンス期の「ウルビーノ聖書」など計8冊を参照できる。神曲は日本でも数多くの訳書が出ているが、オリジナルに近い時期の書物(元は14世紀に書かれたといわれる…

  • 新Officeソフトを購入する前に確認すべきこと

     2014年10月17日は、新iPadが発表された日であるが、「Office 365 Solo」をはじめとした、新Officeが発売された日でもある。世界的にはiPadの話題で持ちきりだが、日本国内だけで考えると新Officeの発売も重要だ。なんといっても、Officeのライセンスが10月16日以前…

  • IoTを象徴する展示、インテルのEdisonがITpro EXPO AWARD大賞に

     昨日、「ITpro EXPO AWARD 2014」の受賞企業・製品を発表した。詳しくは記事を見ていただきたいが、大賞にはインテルの「Intel Edison Development Platform」が選ばれた。今年、初めてIoT(Internet of Things:モノのインターネット)関連…

  • IoTの夢広がる切手大のコンピュータ

     東京ビッグサイトで開催中の「ITpro EXPO 2014」で、恒例の「ITpro EXPO AWARD」が発表された。今年の大賞に選ばれたのはインテルの「Edison」だ。Edisonは、組み込み機器の開発に利用できる切手大のコンピュータ。国内では10月25日に発売される。

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

経営

クラウド

アプリケーション/DB/ミドルウエア

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る