大ブームになったあの製品はいずこに

所長「世の中には大ブームになる製品がたびたび登場するものです。しかしそのまま普及するのかと思いきや、やがて世の中から消えていくものが多数ありました。パーソナル・デジタル・アシスタンツ、略称PDAなんかもその1つでしたね」

榊田「PDA? 何ですかそれ」

所長「手のひらサイズの情報機器で、メールを送ったりスケジュールを管理したりする装置です。携帯情報端末とも呼ばれました。ほら、私も一時、米USロボティクスの「パームパイロット」を使っていたものです(写真1)」

写真1●往年の名機「パームパイロット」
いまはなきUSロボティクスが作ったパームパイロット。スティックで画面をタップして操作する。15年振りくらいだろうか、単4電池を入れたら見事蘇った! パームOSはこのパームパイロットを起源とする。
[画像のクリックで拡大表示]

榊田「うへー、こりゃまたちゃっちい端末ですね」

所長「ちゃっちいとは失敬な。1990年代の終わり頃は最先端の端末だったんですよ、これ。そのあとソニーとかも同様の製品を出すようになり、一時はPDAが大ブームになったものです」

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら