UIの作り込みの重要性を豊富な事例とともに解説

 Webサイトやスマートフォンアプリのユーザーインタフェース(UI)で、ないがしろにされがちなディティールのデザイン。それが非常に重要であることを全面にわたって解説している。操作に対するフィードバックを工夫するといった点は以前からUI設計で強調されてきたが、本書ではそれがピクセル単位のボタンの作り込みなど、まさにディティールに絞って解説されている点が特徴的だ。

 建築などの世界では、ディティールを重視する発想は既に広く普及している。本書の登場は、ITのUIの領域でも本格的にディティールに光が当たるようになってきたことを象徴している。

なぜなぜ分析 管理


マイクロインタラクション
Dan Saffer 著
武舎 広幸/武舎 るみ 訳
オライリー・ジャパン発行
2592円(税込)

出典:日経コンピュータ 2014年5月15日号 p.113
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。