前回、クラウドゲームがユーザー側、企業側にとって様々なメリットをもたらす点について解説した。今回は、クラウドゲームをとりまくプレーヤーと、そのエコシステムについて、具体的に考えていきたい。

単独でクラウドゲームを提供できる事業者は不在

 ゲーム機メーカー(ゲームコンソールメーカー)の雄であるソニー、マイクロソフトは、2013年の世界最大のゲーム関連カンファレンス「E3(Electronic Entertainment Expo)」で、こぞってクラウドゲーム戦略を発表した。

 ゲームコンソールメーカーがクラウドゲームに参入した背景の一つとして、ゲーム機の販売が低下していることが挙げられる。ゲーム機の販売が低下したのには、手軽にゲームが遊べるスマートフォンの普及、少子化など複合的な要因があるだろう。ゲームコンソールメーカーは、クラウドゲームを提供することで、ゲーム機販売のリスクを低減させ、スマートフォンでゲームを利用している幅広いユーザー層を引き込む狙いがあると推察される。

 クラウドゲームを取り巻くプレーヤーを整理すると、「クラウドゲームプロバイダー」「チップメーカー」「ゲームメーカー」「ゲームコンソールメーカー」「通信事業者(キャリア)」などに分けられる(図2-1)。

図2-1●クラウドゲームを取り巻くプレーヤー
現時点で、「エンド・ツー・エンド」でクラウドゲームを提供できるプレーヤーはおらず、様々な業種のプレーヤーが相互にパートナーシップを組むことが多い。
[画像のクリックで拡大表示]

 現段階では、クラウドゲームはまだまだ「黎明期」。エコシステムも確立したものであるとは言い難い。従って、圧倒的な地位を占めるプレーヤーもいない。クラウドゲームソリューションを、自力で、「エンド・ツー・エンド」で提供できるプレーヤーは、現時点ではいないのである。

 様々な業種のプレーヤーが、各々の強みを生かして相互にパートナーシップを組み、プラットフォーマーの立ち位置を狙ってきているのが現状だ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら