今回はモバイルの業務利用にあたって最大の課題となる、利用用途に適したハードウエアの選択について、考え方を整理します。

 ハードウエアの選択とは、業務アプリケーションの画面サイズとOSを決めることです。画面サイズは操作性や画面デザインを左右し、OSは開発環境や実行環境に影響します。

 モバイルデバイスを使った業務アプリではユーザーの操作性が非常に大きな意味を持つので、まずはデバイスタイプ(画面サイズ)の絞り込みから始めます。

デバイスタイプの絞り込み

 モバイルデバイスの選択肢には、スマートフォン、ミニタブレット、タブレットがあります。ここで、端末の表示量及び文字入力の難易度と、携帯性はトレードオフの関係にあります。企業にとって両者のバランスを取ることは難しい問題となります(図1)。

図1●デバイスタイプによる表示量、文字入力、携帯性の違い

 タブレットで標準的なビジネス文書(A4用紙、 文字サイズ10ポイント)を全画面表示した場合、文字がやや小さく表示されるものの、そのまま閲覧することができます。ミニタブレットではかなり見づらくなり、スマートフォンに至っては拡大なしに文字の判別は不可能となります。

 文字入力については、スマートフォンが指1本での入力が一般的なのに対し、タブレットとミニタブレットではソフトウェアキーボードのサイズが大きくなるため、両手を使った高速な文字入力が可能になります。特にタブレットで画面を横方向にした場合、PCの標準キーボードと同程度のサイズとなり入力が容易になります。

 つまり、表示と入力という基本機能は、画面が大きなモバイルデバイスが有利です。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら