米グーグルは2014年1月29日、米モトローラを中国レノボに29億1000万ドル(約3000億円)で売却すると発表した。モトローラブランドとそのポートフォリオを手に入れたレノボのスマートフォン戦略はどう変わるのか。手放したグーグルのエコシステムに及ぼす影響は何か。両社の思惑と今後を探る。

 モトローラと言えば、米国人にとって「携帯電話の代名詞」。そのモトローラを米グーグルは中国のレノボ(聯想集団)に売却する。売却額は29億1000万ドル(約3000億円)。この結果、グーグルはレノボ株の5.94%に当たる約6億1830万株を取得する。

レノボの狙いはハイエンド端末

 今回の売却によってレノボは、世界中で展開されているモトローラブランドと、「Moto X」や「Moto G」などの製品のポートフォリオも手に入れる。さらに2000件を超える特許資産も受け取ることになるが、2011年8月にグーグルがモトローラ買収を発表した際に獲得した特許の大半については、今後もグーグルが保有し続けるという。

 米調査会社のIDCによれば、レノボは2013年に世界で4550万台のスマートフォンを販売し、5位にランクインした(表1)。前年比で91.7%増と大きく伸びた。一方のモトローラは、お膝元の米国市場においても順調とは言い難い。2013年第1四半期には韓国サムスン電子、米アップル、韓国LGエレクトロニクス、中国ZTEに抜かれて5位になってしまった。

表1●2013年世界スマートフォン販売台数(メーカー別)

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら