日本におけるオープンソースソフトウエア(OSS)に関する活動は、年々活発化している。海外で開発されたOSSをただ使うだけでなく、自らが開発したソフトをOSSとして公開したり、海外のOSSの開発に積極的に関与したりする日本人が増加しているのだ。2014年2月末に行われた「第9回日本OSS貢献者賞」の受賞者講演から、日本のOSSコミュニティの今を見ていこう。

 日本OSS貢献者賞は、影響力のあるOSS開発プロジェクトを創設・運営した開発者や、世界的なプロジェクトで活躍する開発者、OSSの普及に貢献した人物を表彰するもので、2014年に第9回を迎えた。2014年2月末に開催された「オープンソースカンファレンス2014 Tokyo/Spring」(写真1)では、受賞者である海外浩平氏、成瀬ゆい氏、羽鳥健太郎氏、藤野圭一氏の4氏が講演を行い、自らの活動を紹介したり、受賞の感想や今後の意気込みなどを述べたりした。

写真1●「第9回 日本OSS貢献者賞」と「同奨励賞」の受賞式の様子
[画像のクリックで拡大表示]

OSSはビジネス成功への現実解、「PG-Strom」開発者の海外氏

写真2●「PG-Strom」開発者の海外浩平氏
[画像のクリックで拡大表示]

 NECに所属する海外浩平氏(写真2)は、Linuxカーネルのセキュリティ強化機能「SELinux」など様々なOSSのセキュリティ機能の開発への貢献や、リレーショナルデータベースである「PostgreSQL」の性能をGPUによって向上する「PG-Strom」の開発などが評価され、日本OSS貢献者賞を受賞した。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら