タッチ操作に特化したタブレットは「Windows 8」の発売以降、続々と登場している。主流の10型クラスに加え、昨年の「Windows 8.1」発売以降はコンパクトな8型クラスもラインアップされ始めている。8型クラスではiPad miniやAndroidタブレットなどのライバルも多いが、WindowsタブレットにはWindows用アプリケーションがそのまま使える点や周辺機器との互換性などの魅力がある。

 8型クラスの価格は3万~6万円台までと手ごろで、現在5社から6シリーズがラインアップされている(表1)。この価格で、ほとんどが「Microsoft Office 2013」を搭載している。メールとWeb閲覧だけならiPadやAndroidタブレットで十分かもしれないが、ビジネスユースにはOfficeが欠かせないと考えているユーザーには、これから使用するパソコンの選択肢の一つとして考えておきたい製品である。携帯に優れたセカンドマシンとして、またはWindows XPマシンからの買い替えにも手ごろである。今回はWindows 8.1搭載の8型タブレットの利点や欠点などをチェックし、製品選びのポイントを紹介していきたい。

  なお、本記事では2014年4月下旬に大手家電量販店で調査した8%の税込み価格を実勢価格として掲載した。

表1●国内で販売されている主な8型タブレット(2014年4月現在)
価格は2014年4月下旬に調査した大手量販店または直販サイトでの税込み価格。
メーカー製品名価格
ASUS JapanVivoTab Note 83万9800~5万3800円
東芝dynabook Tab VT4845万3270~6万1500円
レノボ・ジャパンMiix 2 84万3720~4万4020円
レノボ・ジャパンThinkPad 85万6430~6万5340円
デルVenue 8 Pro3万6980~4万9980円
日本エイサーIconia W4-8204万2800~4万3770円

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら