世界のセキュリティベンダーのブログから、押さえておきたい話題を紹介する。今回は、まず、4月8日にサポートが終了したWindows XPの話題からだ。スロバキアのイーセットが、Windows XPからの移行が間に合わなかったユーザーのためとして、コンピュータを保護するための5つの注意点をブログで説明している。

1.必ず定期的にファイルのバックアップを取ること。また、年に数回、できれば別のコンピュータを使ってバックアップ復旧のテストを行うこと。

2.使用しているWindows XPが最新のものであるか確認すること。マイクロソフトは今後、新たなアップデートを公開しないが、過去のアップデートは依然入手できるので、すべて適用することが望ましい。デバイスドライバーについても同様のことが言える。

3.アプリケーションソフトウエアも、過去のパッチをすべて適用し、最新の状態にすること。Adobe FlashやAdobe Reader、Javaなどはマルウエアの標的にされやすいため、OSと同様に気を配る必要がある。

4.マシンをインターネットに接続する必要がないのであれば、接続を切るか無効にして、インターネット非接続の同一ネットワーク上のマシンとしか接続できないようにする。そうすれば、インターネットベースの脅威が直接Windows XPパソコンを攻撃することはできない。

5.セキュリティソフトウエアを確実に最新の状態にする。Windows XP向けのセキュリティプログラムは多数あり、そのほとんどの開発者は今後数年間サポートを継続する意向を示している。

 なお、これらは当面の対策であり、いずれはWindows XPから移行しなければならない。イーセットは、「コンピュータの買い換えやソフトウエアのアップグレードは費用がかかるが、古いコンピュータの不具合や重要なデータの流出などにより事業が閉鎖に追い込まれる危険性を考えれば、予算を捻出して移行したほうがましだ」としている。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら