[1]「富士山上空なう」を実現! 胴体にアンテナ埋め込む大工事へ戻る

写真1●東京メトロが提供する「MANTAアプリ」の画面。駅構内のWi-Fiアクセスポイントに接続した状態で「無料インターネット」を利用できる
[画像のクリックで拡大表示]

 東京地下鉄(東京メトロ)は1年前の2013年4月から、直営の全177駅(他社管理駅を除く)で無料Wi-Fi・情報提供サービス「MANTA(マンタ)」を提供している(関連記事)。iPhone/iPadやAndroidスマートフォン/タブレットに専用のMANTAアプリ(写真1)をインストールして使う。インターネット接続は1回につき15分以内、1日5回まで利用できる。

 2014年5月中旬時点では「リニューアル中」という状態だが、無料Wi-Fiや「各駅情報」「運行情報」などのサービスは継続している。

 鉄道事業者が駅で公衆無線LAN・Wi-Fiサービスを使えるようにすることは珍しくない。だが多くの場合「docomo Wi-Fi」「au Wi-Fi」などのWi-Fi接続サービスに加入する必要があり、原則として月額料金がかかる。

全駅構内で無料Wi-Fiを提供する唯一の鉄道事業者

写真2●「スマホ、一台に一匹」というキャッチフレーズでMANTAを告知するポスター
[画像のクリックで拡大表示]

 Wi-Fiサービスへの加入が不要の無料Wi-Fiサービスは、JR東日本などいくつかの鉄道事業者が実施している(特集の第4回で詳述)。だが、訪日外国人や観光客を対象にしたものが多く、一部の駅、かつ観光案内所など特定の場所だけで使えるというケースがほとんどだ。

 全駅を対象に、ホームや改札口など構内のあらゆる場所で無料Wi-Fiを使えるようにしているのは、現時点では東京メトロだけである。

 ちなみにMANTAとは、「Metro Amusement Network Trinity App」の頭文字を取った名称。熱帯海域に生息する魚類マンタをもじったものだ。駅貼りの告知ポスターでは、「スマホ、一台に一匹」というキャッチフレーズを使っている(写真2)。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら