写真1●「JAL SKY Wi-Fi」サービス用のアンテナを胴体上部に搭載した機体
[画像のクリックで拡大表示]

 日本航空(JAL)は2014年1月、国内線で初の機内無線LANサービス「JAL SKY Wi-Fi」を始めると発表した(関連記事:JALが国内線初の機内インターネットサービス、30分400円から)。「JAL SKY NEXT」と名付ける国内線のサービス向上の一環で、7月から順次、国内線のボーイング777/767/737型の合計77機で順次、機内無線LANを使えるようにする(写真1写真2)。

 これらの機種はJALの主力機で、主要路線全般で運航されている。2016年前半までに、主要路線の多くの機体で無線LANが利用可能になる見込みだ。

写真2●JAL SKY Wi-Fiのロゴ

 利用は有料で、時間・フライト距離などによって400~1200円(税込み)の料金がかかる。とはいえ、数千メートルの上空を飛ぶ機内がインターネットの“圏内”になるインパクトは大きい。

 上空からスマートフォンで富士山の写真を撮ってそのままTwitterやFacebookに投稿することもできる。通信速度は下り最大10Mbps、上り最大0.5Mbps。地上のLTE通信などには及ばないが、Webサイト閲覧や写真投稿などには問題のない速度だろう。

国際線の実績を引っさげ、国内線にも展開

写真3●JAL SKY Wi-Fiを担当する顧客マーケティング本部商品サービス開発部開発グループの江幡考彦アシスタントマネジャー
[画像のクリックで拡大表示]

 JAL国際線では、2012年7月からすでにJAL SKY Wi-Fiサービスを開始している(関連記事)。これを国内線にも展開する。

 顧客マーケティング本部商品サービス開発部開発グループの江幡考彦アシスタントマネジャー(写真3)は、「国内線事業は差異化が難しい。ネットにつながる安心感を提案することで、JALの翼を選んでもらう動機を少しでも増やしたい」と狙いを説明する。

 国内線でJALは全日空(ANA)だけでなく、スカイマークなどの新興エアラインとも激しい競争を繰り広げている。JALは機内Wi-Fiでこれらに対抗する意向だ。陸に目を向けると、東海旅客鉄道(JR東海)の東海道新幹線はいち早く「車内無線LANサービス」を導入している。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら