インターネット上で通信するにはIPアドレスが必要ですが、Webブラウザーを利用する際、IPアドレスを入力せず、多くの人はアドレスバーにWebサイトのドメイン名(FQDN名ともいいます)を入力します。ドメイン名をIPアドレスに変換することを「名前解決する」といいます。この名前解決サービスを行っているのがDNS(Domain Name System)という仕組みです。

 通常は、名前解決はPC側でDNSの設定に従い行われますが、設定間違いなどでうまく名前解決できない場合があります。そんな名前解決のトラブル時に役立つコマンドが「nslookup」です。

 nslookupコマンドは、対話型でDNSのサーバーと通信して名前解決を行います。例えば、「itpro.nikkeibp.co.jp」のIPアドレスを調べるとき、コマンドプロンプトを使って次のように実行します。

画面1●nslookupで名前解決している例
画面1●nslookupで名前解決している例

 「nslookup」と入力するとnslookupが起動し、コマンドプロンプトに「>」と表示されます。そこに「itpro.nikkeibp.co.jp.」と入力すると、「202.214.174.88」と表示されます(画面1)。これがIPアドレスです。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら