都道府県CIOフォーラムは、第11回春季会合を2月4日・5日の2日間にわたって東京都内で開催した。初日は、自治体での調達が始まろうとしているマイナンバー制度のためのシステム整備に関して議論。省庁幹部に対し、現場の旗振り役であるCIOから様々な疑問や要望が提示された。2日めは、オープンデータ政策の推進とワークスタイル変革の実現の具体的な方策について意見が交わされた。冒頭の議事では会長・副会長の改選を行い、4月からの新会長として佐賀県CIOの森本登志男氏を選出した。

(構成:本間 康裕=日経コンピュータ、写真:中村 宏)

 春季会合冒頭の特別講演には、自民党IT戦略特命委員長を務める平井たくや衆議院議員が登壇。与党自民党の新ICT戦略「デジタル・ニッポン」の目標を紹介し、そこでの自治体の役割の重要性を訴えた(第4回の記事末を参照)。

 続くディスカッションでは、いよいよ2014年度から自治体でのシステム整備が本格化するマイナンバー制度対応に関して、活発な議論が交わされた。

 初めに総務省が政策面の最新状況を解説。住民制度課長の篠原俊博氏は、中間サーバーや団体内統合宛名システムの整備方針を説明し、地域情報政策室の木村恵太郎課長補佐は、システムの改修・導入と並行して自治体クラウドの導入を求めた(記事末を参照)。

 総務省の講演を受けて、参加者からは多様な質問や意見が上がった。まず、情報提供ネットワークシステムと庁内の既存業務システムとの間に位置して、情報連携の対象となる個人情報の副本を保存・管理する「中間サーバー」について。

中間サーバーの集約はほぼ義務

山口 真吾氏
山口 真吾氏
東京都 総務局 情報システム部 情報システム課長

 東西2カ所に「中間サーバー・プラットフォーム」を設け、全国の自治体がLGWAN(総合行政ネットワーク)経由で利用するという総務省が示した方針に対し、東京都の山口真吾情報システム課長が質問。「全国2カ所にまとめるのは歓迎だが、自治体の外に個人情報を集約する形になり、セキュリティ面での懸念がある。また、住民課税情報の更新時など、やり取りするデータ量が増えた際に、現状のLGWANで耐えられるのか」と疑問を呈した。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら