XP最後のアップデートの予告画面
[画像のクリックで拡大表示]

 とうとうこの日がやってきた。2014年4月9日(日本時間)以降、Windows XPのサポートが終了する。同時に、Microsoft Office 2003、Internet Explorer 6のサポートも終了だ。これらの製品へのセキュリティ更新プログラムは、もう提供されなくなる。

 ちょうどこの日は、Windows への定例セキュリティアップデートの日でもあり、さらに、Windows 8.1 Updateが一般向けに公開される日でもある。まさに悲喜こもごもといったところで、この日を境に、Windows XPの環境には、もう何も起こらなくなるということなのだろう。ただし、この日以前に提供された更新プログラムについては提供が終わるわけではなさそうだ。それについては、以前、ここでも書いたように、サポートがすでに終了しているWindows 7 RTMの振る舞いから想像できる。また、事前予告では、Windows XP Service Pack 3に対するセキュリティ更新プログラムも告知され、おそらくはこれが最後のサポートとなるはずだ。

使い続けることはできるが…リスクは覚悟すべし

 繰り返しこの連載で書いてきたように、サポートが終了したからといって、Windows XPパソコンが、いきなり機能を停止するわけではない。だから、現場によっては、まだ使い続けることもできるわけだ。

 サポートが終了したOSを、リスクを覚悟の上で使い続け、自らが何らかの被害にあっても自業自得だが、最悪の場合、第三者に被害をもたらす可能性もある点だけは忘れないでいただきたい。いろいろな事情で間に合わなかった現場も少なくないようだが、関係者はそこであきらめてしまうのではなく、今後、その環境を使い続けざるを得ないのだとしても、できるだけ速やかに新しい環境に移行できるように、その努力を怠らないようにしていただきたい。

 ということで、39回にわたってお届けしてきたこの連載も、今回で終了ということになった。しばらく間を置いて、新企画をスタートさせる予定なので、ぜひご期待いただきたい。長い間、ご愛読いただきありがとうございました。

 Windows XP カウントダウン終了。

山田 祥平(やまだ しょうへい)
フリーランスライター
1980年代、NEC PC-9800シリーズ全盛のころからパーソナルコンピューティング関連について積極的に各紙誌に寄稿。Twitterアカウントは @syohei