いよいよ、2014年4月9日のWindows XPサポート完全終了まで残すところわずかとなった。日経トレンディネットをご覧の方はご存じかと思うが、どういうことか簡単に説明しよう。

 マイクロソフトの「Windows XP」は2001年10月、今から実に12年以上前に登場したパソコン用のOSだが、数多くのパソコンに搭載されて現役で稼働している。最新のWindows 8から数えると3代前のOSだ。これまでマイクロソフトはこのWindows XPに対してセキュリティーアップデート(ウイルスや悪意のある「マルウエア」と呼ばれるプログラムなどに対応するアップデート)を提供し続けてきたが、それが2014年4月9日に完全に終了してしまうのだ。

マイクロソフトのWindows XPサポート終了に関するお知らせのページ
[画像のクリックで拡大表示]

 4月9日以降もWindows XP搭載パソコンを利用することは可能だが、セキュリティーホールを突くウイルスやマルウエアに対しては“丸裸”になってしまう。安心して安全にパソコンを使いたいのであれば、Windows XP以降のOSにバージョンアップするか、新しいパソコンに買い替える必要があるというわけだ。

 そこで選択肢に上がってくるのが「パソコンの購入」か、「Windows OSの購入」の2つだ。Windowsの場合、Windows 7、8、8.1といった選択肢がある。せっかくなら最新のWindows 8.1にしたいところだが、Windows XPのユーザーインターフェースに慣れた人にはWindows 7の方が使いやすいといわれている。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら