写真1●ヤマダ電機が開始した、ペイパルの顔パス決済「ペイパル チェックイン支払い」
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●ヤマダ電機LABI渋谷
[画像のクリックで拡大表示]

 ヤマダ電機は2014年4月3日、米ペイパルと提携しスマートフォンアプリを使って「顔パス」で決済が完了する「ペイパル チェックイン支払い」の実験サービスを開始した(写真1)。国内の大手量販店が顔パス決済を導入するのは、これが初めてだ。

 利用者がアプリ上で事前登録を済ませておけば、店頭で現金やクレジットカードを出さずに買い物ができる。「売り場ですぐに決済して、レジで顧客を待たせる時間を短縮したい」とヤマダ電機IT事業本部EC事業部の茂木弘執行役員兼事業部長は意気込みを語る。

 ヤマダ電機LABI渋谷で4月30日まで、専用レジカウンターを設置する(写真2)。顧客の利用動向や運用上の課題を分析し、今年夏をめどに首都圏の数店舗に展開。その後1年程度で、全国の店舗で利用できるようにする計画だ。

 まずはペイパルのアカウントを開設し、スマホアプリ上で顔写真を登録しておく。その後ヤマダ電機LABI渋谷に行き、アプリを起動して「チェックイン」操作を行う(画面1画面2)。

画面1●店舗内でペイパルのスマホアプリを起動し、ヤマダ電機LABI渋谷に「チェックイン」
[画像のクリックで拡大表示]
画面2●「P」マークをスライドすると、チェックイン操作が完了
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら