楽天は2014年4月2日、スマートフォンを活用したO2O(オンライン・ツー・オフライン)サービス「楽天チェック」を開始した(画面1)。実店舗を訪れて専用のアプリを起動するだけで、買い物をしなくても「楽天スーパーポイント」がためられる。日比谷花壇や時計専門店チェーンのザ・クロックハウスなど、61ブランドの1112カ所で対応する(画面2)。

画面1●楽天チェックのトップ画面
[画像のクリックで拡大表示]
画面2●楽天チェックの店舗紹介画面。レジ付近に行くと10ポイントもらえることが分かる
[画像のクリックで拡大表示]

 サービスを運営する楽天子会社スポットライトの柴田陽社長は、記者会見で「楽天チェックの最大の特徴は、国内ネットユーザーの93%を占める約9000万人の楽天会員を基盤にしていること。ポイントを有効活用して、この9000万人を実店舗へと連れて行きたい」と意気込みを語った(写真1)。

写真1●スポットライトの柴田陽社長
[画像のクリックで拡大表示]

 アプリの利用には、楽天のIDとパスワードが必要。既存のIDを使って楽天チェックにログインすることで、既に利用している口座に楽天スーパーポイントをためられるようになる。アプリはiPhoneとAndroidに対応する。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら