マネーフォワードは、銀行や証券会社、クレジットカード会社のWebサイトのアカウント情報を登録することで、各口座を一元的に管理できる家計簿サイトを運営する。そのマネーフォワードの浅野千尋取締役CTOは、学生時代から金融分野とITの知識を併せ持つ有名なエンジニアだ。

 天才肌とも言える浅野CTOだが、顧客の声に耳を傾けることに時間をいとわない。顧客の声こそが、強いサービスを生み出す源泉だと考えている。CTOの浅野氏に話を聞いた。


浅野さんは学生時代から金融分野のベンチャーに参加していたとのことですが、詳しくお聞かせください。

写真●マネーフォワードCTOの浅野氏
[画像のクリックで拡大表示]

 大学4年生の時、「カブロボ・コンテスト」という大会に参加しました。株の売買を自動で実施するプログラムを作り、その運用実績で競うものです。そのコンテストは学生主体のプロジェクトだったのですが、法人化することになりました。修士1年生の時にジョインしました。トレード・サイエンスという会社です。

 その会社では、カブロボ・コンテストの参加者が集まって儲かるアルゴリズムを作り、それを基にして、投資信託商品を作りました。アルゴリズムの作者にも報酬を与えるというビジネスモデルで、当時は画期的だったと思います。私はそこでアルゴリズムの責任者を任されていました。

 トレード・サイエンスは、その後マネックスグループになりました。後にマネーフォワードを創業する辻庸介(現在は同社CEO)は当時、マネックス証券に務めていたので、その時に知り合いました。

 自分としては、少人数のベンチャー企業の方が向いているなと思い、2010年に独立してインテリジェント・シープを設立しました。そこでは、機関投資家向けのITコンサルティングをしていました。

 その頃、辻はMBA(経営学修士)の取得のため米国に留学していました。そこで、複数の金融口座を一つに集約させるアカウントアグリゲーションというサービスを知り、帰国した時に日本で同じようなサービスができないかと考えるようになりました。その相談を受けたのが、最初のきっかけです。確か私は「簡単にできますよ」と答えたと思います。

 アカウントアグリゲーションのサービスは、ビジネスとしての広がりを感じました。「個人の、お金にまつわる悩みを全て解消したい」という事業ビジョンにも共感し、マネーフォワードに参加することを決めました。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら