画面1●ノバレーゼが提供する「TableSolution(テーブルソリューション)」の予約管理画面
[画像のクリックで拡大表示]
写真●左から、婚礼コンサルティングを手掛けるタイムレスの宮原禎取締役、ノバレーゼ営業本部販売企画ディビジョンの浅野雅之リーダー、VESPERの谷口優CEO(最高経営責任者)
[画像のクリックで拡大表示]

 結婚式場運営を手掛けるノバレーゼは、レストランの予約管理システム「TableSolution(テーブルソリューション)」の販売を始めた(画面1)。同社が運営するレストランで2014年3月17日から稼働させ、レストラン運営企業などに売り込みをかけている。

 「食べログ」や「ぐるなび」など、飲食店予約サイトから届く予約メールを解析。予約の時間や人数をシステムに自動的に登録する。「紙で予約状況を管理せずに済むため、ミスの削減と業務効率化を実現できる」とノバレーゼ営業本部販売企画ディビジョンの浅野雅之リーダーは説明する(写真)。

紙の予約台帳を置き換える

 レストランでは一般的に、紙の「予約台帳」で予約を管理している。電話応対をした後で、顧客の名前や電話番号、予約時間やメニューなどを転記し、担当者間で情報を共有できるようにするためだ。

 実はこうしたプロセスは、顧客がインターネットの予約サイトを使った場合でも変わらない。食べログやぐるなび、OZmallといった大手予約サイトは、レストランに対してメールで予約状況を通知するが、「メールの表記フォーマットが各サイトでバラバラなため、担当者がメールを目視して紙の台帳に書き写す必要があった」とTableSolutionを共同開発したシステム開発企業、VESPERの谷口優CEO(最高経営責任者)は話す。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら