VBAは手軽さが特長の言語です。しかし、Visual BasicやC#など本格的なプログラミング言語に慣れた開発者にとっては、決して使い勝手が良いとはいえません。

 そのような人には、Excel-DNAというライブラリを利用する方法もお勧めです。Excel-DNAとは、ひと言でいえば、.NET Frameworkでアドインを開発するためのライブラリです。.NET Frameworkを利用できるということは、Visual BasicやC#などの言語を利用できるだけでなく、.NET Frameworkが提供する豊富なクラスライブラリを活用できる、開発環境としてVisual Studioも利用できる、というメリットがあります。

Excel-DNAの基本

 Excel-DNAは、本家サイトから入手できます(図1)。ダウンロードした「ExcelDna-0.30.zip」(0.30はバージョン番号)を解凍(展開)し、「Distribution」フォルダー配下の「ExcelDna.xll」(64ビット環境ではExcelDna64.xll)を「C:¥Users¥<ユーザー名>¥AppData¥Roaming¥Microsoft¥AddIns」フォルダーにコピーしてください。Excel-DNAライブラリの本体で、Visual Basic/C#で書かれたユーザー定義関数をExcelで動作するための橋渡し役を担います。

図1●Excel-DNAのダウンロードページ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら