WSH(Windows Script Host)とは、Windows環境でVBScriptやJavaScriptなどのスクリプトを実行するための環境のことです。WSHを利用すると、例えば「特定のフォルダー配下にある.txtファイルを定期的にバックアップする」「半年以上アクセスしていないファイルをリストアップする」など、Windows上で行う決まりきった作業を自動化できます。

 そして、このWSHからもExcelの機能を呼び出すことは可能です。作業に際して必要なデータは、スクリプトにハードコーディングしても構いませんが、Excelを利用することでメンテナンス性も高まります。また、WSHで収集したデータを蓄積するのにExcelを利用するという選択肢もあるでしょう。

英単語テストアプリを作成する

 ここでは、WSHとExcelの連携例として、図1のような英単語テストアプリを作成してみます。スクリプトを起動すると、日本語で単語が表示されますので、対応する英単語を入力してください。正解/不正解に応じてメッセージが表示されます。また、すべての問題を解き終ると、正答数を表示します。問題と解答はExcelのワークシート(図2)で管理していますので、問題の差し替えも簡単です。

図1●英単語テストアプリの実行例。日本語に応じた英単語を入力すると、正解/不正解が判定される
[画像のクリックで拡大表示]
図2●日本語と英単語の対応表は「quiz.xlsx」の「data」シートで管理

[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら