Officeがインストールされていない環境でも、Office文書をフル活用したい――。そんなときに有効なのが、JavaアプリからOffice文書を操作する方法です。これには、Apache POIというライブラリを利用します。

 Apache POIは、表1のようなコンポーネントから構成されており、Excelのみならず、Word、PowerPoint、Outlook、Visio、Publisherなどなど、Office製品全般をJavaアプリから操作できる高機能なライブラリです。Excel、Word、PowerPointでH~、X~で始まるコンポーネントがあるのは、Office 2003以前(H~)に対応するコンポーネントと、Office 2007以降(X~)に対応するコンポーネントとが分かれているためです。

表1●Apache POIの主なコンポーネント
コンポーネント機能
POIFS Microsoft OLE 2ドキュメント形式の操作(POIのコア)
HPSF Office文書のプロパティ情報を操作
HSSF/XSSF Excelの操作
HWPF/XWPF Wordの操作
HSLF/XSLF PowerPointの操作
HSMF Outlook形式のメッセージファイルを操作
HDGF Visioを操作(読み取り専用)

Apache POIの基本

 Apache POIは、公式サイトのダウンロードページから入手できます(図1)。「poi-bin-3.9-20121203.zip」(3.9-20121203はバージョン番号と日付)をダウンロードして解凍(展開)し、配下の.jarファイルをビルドパスとして設定します。対象となるのは、「poi-3.9」フォルダーの中にある「poi-examples-3.9-20121203.jar」を除く.jarファイルと、「ooxml-lib」フォルダー配下のすべての.jarファイルです。

図1●Apache POIのダウンロードページ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら