前回も見たように、PHPExcelを駆使することで、Excelを簡易的なデータベースのように利用することができます。ただし、サンプルを見てもわかるように、簡単なデータの検索/更新でも、自前で表を操作しなければならないのは、なかなか厄介です。

 そこで今回は、Excelをデータベースとして扱うための方法を紹介します。PHPからExcelにアクセスするには、PDO(PHP Data Objects)というライブラリを利用するのが一般的です。PDOでExcelにアクセスするには、php.iniに「extension=php_pdo_odbc.dll」という1行を追加してください。PDOとは、ざっくりと言えば、第7回「ExcelからAccessデータベースにアクセス」でも紹介したADOのPHP版です(図1)。データベースを操作するためのSQL命令を意識しなければならない、というハードルはあるものの、データ操作のコードはグンとシンプルになります。Excelをデータベース的に利用したいならば、覚えておきたい選択肢の一つです。

図1●PDO(PHP Data Objects)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら