COM関数でのExcel操作は手軽である半面、前述のような問題もあります。そこで、広く公開用のサイトでExcelと連携させるなら、「PHPExcel」というライブラリがオススメです。COM関数は、そもそもCOMというWindowsの技術を利用していますので、Windows環境でしか利用できません。一方、PHPExcelなら環境によらず利用できるというメリットもあります。

PHPExcelのインストール

 PHPExcelは、公式サイトから入手できます(図1)。ダウンロードしたPHPExcel_1.7.9_doc.zip(1.7.9はバージョン番号)を解凍(展開)すると、配下に「Classes」フォルダーができますので、その中の「PHPExcel」フォルダーと「PHPExcel.php」をインクルードパスの通ったフォルダーにコピーします。

図1●PHPExcelをダウンロードして利用する
[画像のクリックで拡大表示]

 インクルードパスとは、ライブラリなどを読み込む際に検索先となるパスのことです。例えばXAMPP*を利用しているなら、「C:\xampp\php\PEAR」がインクルードパスに含まれているので、ここに配置してもよいでしょう。

* PHP、Apache、MySQLなど、Webアプリの開発/実行に必要な環境をまとめてインストールするためのソフトウエアです。インストール方法については、著者サイト「サーバサイド技術の学び舎 - WINGS」で「サーバサイド環境構築設定」のページなどを参照してください。

 なお、PHPExcelのパッケージには、クラスライブラリ本体の他にも、ユーザードキュメントやサンプルコードが豊富に用意されています。特に「Examples」フォルダー配下のサンプルコードには、計算式やセルスタイルの設定、PDF形式への変換、オートフィルタなど、PHPExcelのさまざまな利用例がたくさん詰まっています。本格的に活用したいという人は、実際に動かした上でコードも確認しておくことをお勧めします。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら