Excelで管理しているデータを、他のアプリから操作できれば便利だと思いませんか。例えば物販サイトで、顧客から入力された注文情報を基に納品書を作成・印刷できれば、発送までの手間を大幅に節約できます。Excelで管理していた商品情報をそのままWebページとして公開できれば、1つずつHTMLを書く手間が省けます。外部アプリとOfficeを連動できれば、アプリ開発の幅もぐんと広がります。

 今回からは、そんな一歩進んだOffice活用テクニックを、PHP、Java、WSH、PowerShellなどを例に取り上げます。まずは、手軽なWebページ作成に向いたPHPからです。

VBAに慣れた人に最適なCOM関数

 PHPのプログラムは、Webサーバーに配置して、Webブラウザ経由で実行します(図1)。このPHPからExcelを操作するには、さまざまな方法があります。VBAに慣れた人で、Windows版PHPを利用できる環境にあるなら、COM関数がオススメです。

図1●PHPのプログラムはWebサーバー上で動く
[画像のクリックで拡大表示]

 COM関数を有効にするには、php.iniで「extension=php_com_dotnet.dll」を追加してください。COM関数は、名前の通り、COM(Component Object Model)オブジェクトを操作するためのオブジェクトで、ExcelやWordもVBAと同じメソッドで操作できます。もちろん、PHPの構文を使うのでコードの見た目は変化しますが、VBAに慣れている人であれば、なじみやすいのがメリットです。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら