前回前々回ではネットワーク経由でXMLデータを取得する例について紹介しました。一方、昨今はAjaxなどの技術が当たり前のものになり、JSON(JavaScript Object Notation)形式でデータを提供するサービスも増えました。JSONは、JavaScriptにおけるオブジェクトリテラルに沿ったデータ形式です。その性質上、JavaScriptとの親和性に優れていて、Ajax通信での標準的なフォーマットになっています。

 ここでは、JSONデータをVBAで受け渡しする例として、「はてなブックマークエントリー情報取得API」(以下、はてぶAPIと呼びます)を利用します(図1)。指定したURLに付いたブックマーク数を取得してExcelに取り込むマクロを作成しましょう(図2)。会社や自分が公開するWebサイト記事への反応を監視したい場合などに、利用してみてはどうでしょう。

図1●はてなブックマークエントリー情報取得APIの解説ページ
[画像のクリックで拡大表示]
図2●記事に付いたブックマーク数を取得
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら