Web APIとは、ネットワーク経由で呼び出し可能なサービスのことです。例えば、オークションWeb APIを利用することで、「ヤフオク!(Yahoo! オークション)」に出品されている商品情報をはじめ、出品者情報、カテゴリ情報などにアクセスできるようになります。昨今では、様々なサービスがWeb APIとして公開されており、これらを活用することでプログラミングの幅もグンと広がります。

 ここで作成するのは、特定のキーワードでヤフオク! に出品中の商品を検索し、一覧表示するマクロです(図1)。Excelの機能を使えば、現在価格、入札終了時刻などでソートもできますので、商品の比較検討にも便利です。

図1●指定のキーワードで出品中の商品情報を検索
[画像のクリックで拡大表示]

オークションWeb APIを利用する準備

 オークションWeb APIを利用するには、アプリケーションIDが必要です。Yahoo! デベロッパーネットワークの「アプリケーション情報の入力」画面で必要な項目を入力してください(図2)。「アプリケーションの種類」は、今回はExcelからの利用なので「クライアントサイド」を選択します。「確認」ボタンをクリックすると、「入力内容の確認」画面に続いて、「登録完了」画面が表示されますので、アプリケーションIDを控えておきます。なお、アプリケーションIDの取得にはYahoo! JAPAN IDが必要です。

図2●アプリケーションIDの登録
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら