フィードとは、主にWebサイトの新着情報を配信するために、コンテンツの概要をまとめた文書のことです。Internet ExplorerのようなWebブラウザは標準でフィード購読のための機能を備えていますので、日常的に活用している人も多いでしょう。

 Excel VBAを使えば、あらかじめ登録しておいたフィードをワークシートにまとめて取り込み、新着順に表示させることが可能です(図1)。Excelに取り込めば、特定の条件でフィルターしたりソートしたりすることが簡単にできるのが利点。多数のフィードを購読している場合にも、記事を探しやすくなります。

図1●登録されたフィードを新着順に表示
[画像のクリックで拡大表示]

 なお、フィードの代表的なフォーマットとしてはRSSとAtomがあり、RSSはさらに0.9、0.91、1.0、2.0に分類されます。ここでは、RSS 2.0にのみ対応するマクロを作ります。RSS 2.0は、図2のような階層を持つXML(eXtensible Markup Language)形式のフォーマットです。

図2●RSS 2.0の構造(主な要素)

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら