Officeで作成した文書をメールで送ったりWebで公開したりする場合、WordやExcel、PowerPointのファイル形式そのままではなく、PDF形式を利用するのが便利です。Officeがない環境でも開けますし、改編される心配もありません。Office 2007以降では、ファイルをPDF形式で保存することができます。

 しかし、変換対象のファイルが大量にある場合、いちいちOfficeを起動して一つずつ保存し直すのは大変です。

 そこで、特定のフォルダーにあるOffice文書を、ボタン1つでまとめてPDFに変換するマクロを作りましょう(図1)。ここでは、Word、Excel、PowerPointそれぞれについて、個別にマクロを作ります。

図1●特定のフォルダーに収められたOfficeのファイルを、一気にPDFに変換する
[画像のクリックで拡大表示]

Word文書をPDF化する

 リスト1は、Word文書をPDF化する例です。変換対象のフォルダーは定数「PATH」としてあらかじめ指定しておきます(1)。ここは適宜変更してください。フォルダー名の後ろに「¥」を付けるのを忘れないようにしましょう。

リスト1●Word文書をPDF変換するためのコード(PdfOutput.docm)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら