例えば、ハードディスクやファイルサーバー内のドキュメントを整理したいとき、エクスプローラーでフォルダーを開いて選別するのは、厄介なことです。そんなとき、特定のフォルダーの配下にあるファイルを一覧表にできれば、全体を一望できて便利でしょう。しかもExcelなら、その一覧をソートしたり、特定の条件で抽出したりすることが自由自在です。

 そこで、指定したフォルダーを再帰的に読み込み、図1のようなファイル一覧を生成するマクロを作成してみましょう。

図1●指定したフォルダーの配下にあるファイルの情報を読み込んで一覧を生成
[画像のクリックで拡大表示]

 まず、ファイル一覧を表示するためのシートを用意します。シート名は「file_list」としてください。図1のように「ファイル名」「親フォルダー(パス)」「サイズ(KB)」「種類」「作成日時」「最終アクセス日時」「更新日時」といった項目を設置します。また、ファイル検索を開始するためのコマンドボタン(ActiveXコントロール)も配置しておきましょう。ここではG1~H1セルの辺りに、「btnAction」というオブジェクト名で作りました。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら