写真1●Zorin OS 8のデスクトップ
Windows 7風のプログラムランチャーを備える。
[画像のクリックで拡大表示]

 「Zorin OS」は、Windowsユーザーが違和感なくLinuxに移行できるよう開発されたディストリビューションだ。Windows 7のユーザーインタフェースを意識した作りになっており、「スタートメニュー」を模したランチャー「Zorin Menu」を用意している(写真1)。

 1月27日に登場したZorin OS 8は、Ubuntu 13.10をベースにWindowsユーザー向けのソフトを追加した構成。標準でWindows互換環境の「Wine」をインストール済みで、Wineのフロントエンドツール「PlayOnLinux」も組み込んでいる。

UIのカスタマイズツールを用意

 ランチャーやWebブラウザーなど、使い勝手に与える影響が大きいツールを簡単に切り替えられる()。デスクトップのルック&フィールを変更するGUIツールの「Zorin Look Changer」が組み込まれており、Windows 7、XP、GNOME2に変更できる。バージョン8では、新たに白色系と黒色系のテーマを簡単に切り替えられる「Zorin Theme Changer」を搭載した。

図●Zorin OS独自のカスタマイズツール
ランチャーのデザインをWindows XP風などに切り替えられる「Zorin Look Changer」、主要なWebブラウザーを簡単に追加できる「Zorin Web Browser Manager」、白色系/黒色系の全体テーマを切り替えられる「Zorin Theme Changer」などがある。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら