Windows XPのサポート終了が間近に迫り、Windows XPからWindows 7やWindows 8など他のOSへの移行を検討中、あるいはこれから検討する企業も多いのではないでしょうか。

 Windows XPを使い続けている企業では、特定の業務アプリがWindows XPしかサポートしておらず、他のOSへ移行できないという事情もあるようです。いざ他のOSに移行するとなれば、移行先で動作する同等の業務アプリを選定し、さらに現在の業務アプリからデータを移行する方法を確立するといった対応が必要です。

 実は、代表的なメールソフトの一つ「Outlook Express」もWindows XPでしか動かないアプリケーションの1つです。Windows XPから他のOSに移行するOutlook Expressのユーザーは、新たなメールソフトを選ばなければなりません。

 Windows 7向けには、マイクロソフトから「Windows Live メール」が提供されています。ただし、プリインストールされていないので、自分でインストールする必要があります。またOutlook Expressの移行先としてのWindows Liveメールは、必ずしも最適な選択肢とはならないようです(関連記事:メール移行がすぐに終わると思ってはいけない)。

 そこで選択肢として提案したいのが、オープンソースのメールソフトである「Mozilla Thunderbird」(以下、Thunderbird)と「Sylpheed」です。このうち、今回はThunderbirdを紹介します。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら