写真:新関 雅士

クラウド型の法人向け名刺管理サービス「Sansan」を提供するSansan。
名刺のスキャン情報と手入力を組み合わせ、ほぼ100%の精度で名刺をデータベース化する。
個人向けの名刺管理サービス「Eight」も開発・提供し、国内での認知度を高めている。
寺田親弘社長は北米での事業展開を皮切りに、海外市場に打って出る意気込みを語る。

 名刺管理に着目した最初の理由は、これが自分自身の課題だったからです。名刺管理は古くて新しい課題です。大量の名刺から目的の名刺を探し出すのに時間を奪われ、困っていました。それに社内の人脈が共有されていない状態も何とかしたいと思っていました。ある会社の担当者に連絡を取るため、代表電話に電話をかけたら断られる。ようやく担当者につながったら、実は社内の後ろの席にいる人と知り合いだったということがありました。

 こうした課題は、名刺をインターネット上でデータベース化する仕組みがあれば解決します。データベース化すれば手軽に検索できますし、社内で人脈を共有することもできます。

 名刺は世界中で使われており、1年間に100億枚流通すると言われています。ということは、人と人がそれだけ多く出会っているわけです。

 自分の課題の解決を入り口にして、そこから世界中の人々の働き方を変えたり、新しい常識を作ったりできるのではないか。そんな名刺管理の奥行きの深さに、チャンスを感じました。名刺のデータベース化には世界を変える可能性があると思ったのです。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら