故・山崎豊子氏の代表作「白い巨塔」。主人公の医師2人の明暗を分けたのは、X線写真に映し出された微かな陰影を見分けられるか否かだった。

 時代は変わっても、医師には正確に画像を読み取る力が求められる。しかし今やビッグデータがそれを手助けする。富士フイルムは2012年10月、医師がCT(コンピュータ断層撮影装置)画像を見て肺がんかどうかを判断する「読影」を支援するシステム「SYNAPSE Case Match」を発売した。

 ベテラン医師の視点を取り込んだ独自の類似画像検索機能によって、過去の膨大なCT画像の中から類似の症例を抽出して診断結果と共に提示する()。ベテラン医師が少ない施設で見落としを防いだり、難しい症例の診断にヒントを提供することで、画像診断の質を高めることができる。

図●類似症例画像検索システムでベテラン医師並みの診断を可能に

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら