2013年秋から、FBIが摘発した闇オークションサイト「Silk Road」とのかかわりや価格の乱高下で話題になっていた仮想通貨「Bitcoin(ビットコイン、関連記事)」について、最大級の取引所「Mt.GOX(マウントゴックス)」が閉鎖し、混乱が広がっている(写真1)。WebサイトではMt.GOXのMark Karpeles CEOは今も日本にいて事態の収拾に奔走していると説明するだけで、何が起こっているかについて明確な説明はない。

写真1●Bitcoinについて混乱が広がっている

 閉鎖から間もなく“MtGox Situation Crisis Strategy Draft”と題する文書がインターネット上で公開され、これが数百億円分のBitcoinがMt.GOXから盗まれたとする報道のきっかけとなった。しかしFox Businessによるチャットでのインタビューで、Karpeles CEOはこの文書がMt.GOXによるものではないと回答した。

 Mt.GOXは閉鎖前の2014年2月7日からBitcoinの引き出しを停止していた。2月10日のプレスリリースで、「取引展性(Transaction Malleability)に起因する問題が生じていると判明したので対応を進めている」とした。当初Bitcoinのコミュニティーはこの口実に懐疑的だったが、2月11日にスロベニアの取引所BitStampでも同様の問題が生じたことで、いくつかの課題がみつかり修正された。2月15日にはBitStampが引き出しを再開したが、Mt.GOXは2月17日に引き出し再開のめどが立ったとしながらもそのまま2月25日に閉鎖に至った。

 閉鎖の一因と考えられている取引展性の問題を理解するためにはBitcoinの仕組みを理解する必要がある。Bitcoinプロトコルは手形の取引に似ている。新たに「採掘」されたBitcoinは新たに振り出された手形のようなものだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら